JINfizz

:::赤西仁くん溺愛BLOG:::

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

福岡2部♪ 

今回、
アタシが『天井席』だと思ってたトコは
記憶違いでして・・・
スタンドFブロック3列。
メインステージ右側、花道が目の前の良席。
メインステージにこんなに近いのは
初めてかもしれません。
こんな席運は、きっと・・・もう無いかも(汗)
『あ・・・仁がいたら』って
思わないはずがありませんっっ
だって、ホントに直ぐ傍で歌ってる、踊ってる、笑ってる・・・
感動しきりの娘に対して『イイなぁ~』と(笑)

だけど、ホント

めっちゃ楽しいLIVEでした。
終了したのは、20時45分頃。
ダブルアンコールに『Going』
オープニングからアンコールまで
5人でまさしく・・・突っ走ってたステージでした。

セットリストも
ちゃんと知らないまま・・・
で、
その記憶もないまま・・・
記憶に残ってるトコだけ記しておきます。
一緒に歌って踊って、汗だくでしたので
いつもより、もっと記憶に残ってなくて・・・
『この姿を目に焼き付けて・・・』と思うより、
とにかく今回は、一緒に楽しみたかったんで
終わってみたら・・・びっくりするくらい、あっという間でした。

まだ、ツアーも始まったばかり。
ネタバレがお嫌な方は、スルーを。
曖昧な記憶のままで宜しければ、
続きをどうぞ♪

順不同です。思い出すままに・・・。



今回のセット、
会場に入って見えるのは・・・
ダンボールを積み重ねたような石垣みたいなヤツ。
予想通り、それがガガーーーっと崩れてのの・・・KAT-TUN♪
ムービングでメンバーは移動中、
メインステージでは、スタッフさんが必死に片付け。
そんな姿がちゃんと見れちゃう・・・今回の席でした。

ステージ中央には、
5つの筒状のモノが・・・これ、短い滑り台かな?
もっと使えばイイのに~案外・・・使用せず、
『Going』の時、白衣装に着替え、
その滑り台の途中でスタンバってる竜ちゃん、足が見えてる(笑)

OPシングル中心にムービングで踊って歌って
亀ちゃんは、ドラムを。
汗が半端なく・・・大丈夫?って思うくらいに。

メインステージで花火が上がる前、
ステージ中央で竜ちゃんが祈りを(笑)
正座して合掌・・・で、花火がドッカ~ン!

花道では、
亀ちゃんと聖の即興劇・・・
殴って、殴られて・・・亀ちゃん土下座して
すっくと立ち上がっていきなり歌いだす(笑)

聖、Jr君を花道から落とす。

カップリングメドレー、
アタシ達の席、目の前で聖、
アリーナの方を向いて・・・腰をぐいんぐいんっっ
夢に出てきそうなくらいのダンス(笑)
こんなに・・・動かすんだ~ってって
妙に感心したり・・・感動したり・・・鼻血でそうに(爆)
次の曲では、スタンド側を向いて
顔を真っ赤にして歌い上げる。
その姿に感動・・・。素晴らし過ぎる。

ゆっち、聖が
花道から降りて、握手をしに来てくれてました。
アタシは、3列目で届かなかったけど(悲)
ゆっちの握手は、とっても丁寧に。

アタシの斜め前に座ってたお嬢ちゃん、
スカートを上げる仕草を聖が真似してたみたいで・・・
その聖の笑顔が優しいの~

亀ちゃんのクネクネダンス。
目の前で見てると、
足の動きが凄い。
どうなっちゃってるの?って・・・
やっぱし、プロなんだなぁ~って
改めて感動。

『KAT-TUN TV』というのがあって
告知などは、大画面でコント風に流れて・・・・
この告知の仕方、良いと思います。
MCの時、告知で終わっちゃうより、
こうやって告知は告知でVTR作ってもらって
MCは、また、ご当地ネタで楽しむ。
この形がイイなぁ~ これからも。

MCは、博多弁ネタ。
博多弁で『好き』ってどう言うか・・・って。
去年、聖が『ちかっぱすいとー』って言ってくれてたんですけど
ホントにそう言うの?って。
客席とのクロストーク。
亀ちゃん『聖徳太子になりてー』
必死に聞き分けようとしてくれてる。
聖『今行ったコ、もう一回言ってみて』
で・・・『好きっちゃん』って答えたんだと思うんだけど・・・
『すきっちゃ』に聞こえた亀ちゃん、『それってスポッチャ?』と。

『Going』の白衣装についても
亀ちゃん『珍しいでしょ?』と。
『真面目そうでしょ?』とも。
Mステでゼブラクイーンに食われそうだったから(笑)
急遽、聖と亀ちゃんで衣装に黒を入れたそう。


Jr君の紹介で『平成2年生まれ』だと聞いて・・・
『平成生まれの人ぉ~』とまた客席に・・・
聖『アナタは、確実に違うでしょう?』と客席に突っ込みながら
亀ちゃん『KAT-TUNは、みんな昭和だからなっっ』と。

TEN-G
風船持って、山手線ゲーム。
都道府県を言ってく。
ゆっちが割っちゃうんだけど・・・
それをイジるメンバーが、もう・・・まるでヤンチャ坊主。
亀ちゃんなんて
後ろの長椅子みたいに繋がってるトランポリンを
ダーーーっと走って、
何度も走って・・・マリオ風(爆)
そそそ
亀ちゃんだけ、唐草模様のマントを前にしてるから
よだれかけに見えちゃうし(笑)

亀ちゃんのソロ、ドラキュラ。
妖艶に舞って・・・力強く踊った後は、
息を切らしたまま、中丸歯科に(笑)
牛乳飲み過ぎて、伸びちゃった八重歯を抜いてもらう。
『痛いんだよー 先に麻酔だろ?』と言いながらハケてく亀ちゃん。
ゆっち『いつもと違うハケ方するなよー オレが焦るわ』

『RESCUE』の時の火、
これがとにかく・・・熱かった。
真横で熱風を浴びてる彼らは、もっともっと熱いんだろうな~と。
びっくりするくらい・・・熱いんだもん。


アンコールの挨拶、
聖『心配ばかり掛けてごめんね』
この言葉で・・・
ボロボロと涙止まらず・・・
その言葉が、言い方がね・・・
あまりに優しく、感情がこもってたから。
その他にも言ってくれたけど、覚えてなくて(涙)

亀ちゃんは『俺らが声を掛けたら、こんなに集まってくれて、だから止まらずに進んで行けるんだと思います。これからも相思相愛のまま進んで行けたら嬉しく思います』
少し・・・言葉に詰まったその表情を見てると、言葉にならない『言霊』を感じたり・・・気のせいかなぁ?

そそそ!
亀ちゃん、MC前の曲の時
スタンドをトロッコで移動中、客席に手を差し伸べて握手をしてくれてたみたいなんだけど
MCの時・・・
『ブレスレットが1本無い』と。
『これも記念なんで、持って帰っちゃって下さい』と(優しい・・・)


ダブルアンコールの『Going』
娘と最後に亀ちゃん来いっ!と(笑)
ったら・・・最後の最後に来てくれまして・・・
投げKISSを残してくれました。
『あれは・・・きっとアタシに』その付近の方々がみんな、そう思ったに違いありませんが
アタシも娘も・・・そう信じています(爆)




ちょっと上目線な言い方ですけど
ホント・・・短い準備期間でこれだけ仕上げて来たな~って
彼らの凄さを感じました。
元気な姿を見せようと、また、一緒に楽しもうとしてくれてるのが
痛いほど伝わって・・・
これまで以上のファンサービスと共に
ファンの目線に降りてくれてるって感じることもありました。
キラキラして輝いてる5人は、本当にカッコ良かったです。
仁のパートを歌い忘れちゃったり、そんなコトもありましたけど
アレンジを変えたり、歌詞を変えたりして
今の5人に出来る最高のパフォーマンスを魅せて貰いました。

ありがとうございました。


『また、福岡には、必ず来ます』
『また、すぐね』
そんなメッセージが・・・『次』って続いてく事が
何より嬉しく・・・
KAT-TUNってグループがより好きになって帰って来ました。



LIVE後、美味しいモノ食べたかな?
亀ちゃんが言ってた、屋台のラーメンは、無理かもしれないけど
もつ鍋とか水たきとかね・・・福岡の味、楽しんで帰ってくれたら嬉しいなぁ♪


web拍手

カテゴリ: コンサートレポ

[edit]

Trackgack -- | Comment 4

PAGE TOP

この記事に対するコメント

聖の「心配ばかりかけてごめんね」って言葉に…
あたしも涙が止まりません。
素敵なレポ、ありがとうございました!
次に彼らに逢えるのが、楽しみになりました。

ますみ #- | URL
2010/05/06 07:04 | 編集

うわーん。
素敵レポありがとうございます。
読んでいたら、なんだか涙でにじんできちゃったです…(;_;)




次もそのくらい近くの席で、今度は、仁を間近でみれたらいいですね!!!

carino #oyUv4a/. | URL
2010/05/07 00:35 | 編集

Re: ますみさんへ


>>ますみさんへ

 聖は・・・ホント、温かいんですよね~
 思い出すとまた、ウルウルしそうです。

 色んな想いを抱えてのLIVEになりますけど
 行くからには、楽しんじゃって下さい♪

riel #- | URL
2010/05/08 00:58 | 編集

Re: carinoさんへ



>>carinoさんへ

 や・・・・ありがとうございます。
 色んな事を書きたくて、あっちこっちに飛んじゃってて
 読みづらくなっちゃってると思います。スミマセン。

 や・・・あの席は、もうないかも・・・と(大汗)
 ホントに元々、席運は、無いんですよ~(悲)

riel #- | URL
2010/05/08 01:00 | 編集

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP