JINfizz

:::赤西仁くん溺愛BLOG:::

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

FREECELL vol.4 


赤西仁「ホテルに住む男」


まるで何かのパンフレットのような・・・
映画のプレスシートのような・・・
そんな雑誌なんですねぇ~
雑誌ではなく、ん・・・ホントパンフみたい。
で、
写真集みたい。

や、

写真集なんだね~
この本全体が。

”時代性のある被写体を作家性の高い写真家がじっくりと撮りおろす新写真家雑誌”
「俺たちは、データじゃない」


そんなこの本の明確なポリシーをまず拝見して捲ってくページには、
ホント
「ホテルに住む男」が
これ以上無いと言い切れるほど、魅力的にそこに居ました。

その寝顔も
膨らんじゃった髪も
とってもリアルで・・・
いつもこんな感じで?って
ね、
そんな穏やかな朝を想像したりするけど・・・
髪が乱れてても
ペンを持ってる姿は、画になるし、綺麗。
どの写真も
何気ない動きを感じる仁が
綺麗過ぎて、非現実的に思えるほど。
うつむいて笑ってる仁を見てると、
潤んできちゃったりするし、
真剣な眼差しには、フリーズしそうになるし・・・
出掛けてく姿に、腰パンが過ぎません?って思ったり(笑)

バスローブは着ないって言ってた仁だけど
こうやって表紙にまでなってるその姿は
とっても馴染んでるし、
こういうスタイルが馴染むって・・・
仁も大人だな~って・・・改めて。
ベッドに座る仁を窓の外から見てるような写真、
ちょっと背中を丸めて座ってる仁、
暫く眺めてました。
この姿は、あんまり無いな~って。
何を考えてるんだろ?
ぼ~っとしてるだけかな?
手が気になる?
その時の仁が感じてることを知りたくなる。
写真を眺めて、そんなこと考えた事って
今まであったかなぁ?

赤西仁の『芯』
これまで感じてきたモノもあるけど
また、
感じることが出来ました。
伝わってくる仁が
この本の中に居ました。

と、

それから・・・

仁が『次の場所』に行くことが無いように
これからも
仁が発してくれるモノを応援して行きたいって思います。
アタシは、仁のことを
どれだけ分ってるかって・・・
それは、分からないし、不安だけど
今、頑張ってくれてる世界が
仁がね、心地良さを感じる場所であり続けるように
願いながら・・・応援しますっ



それにしても

世の中には、様々な『雑誌』があるんですね。
今回、仁がいっぱいの雑誌に出てくれたから知ったモノも多く、
色んなコンセプトで撮られた仁は
どれも素敵で・・・存在感があって。
モデルとしても素晴らしい表現力ですよね。


ということで
『FREECELL』大切にします。





web拍手

カテゴリ: メディア

テーマ: 赤西仁

ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

Trackgack -- | Comment 0

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP