JINfizz

:::赤西仁くん溺愛BLOG:::

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

また、BANDAGE 

あ!昨日書き忘れましたけど
BLOGのカテゴリに『cinema』を加えました。
映画『BANDAGE』の感想は、このカテゴリに。
まだ観ぬ未来の新作がまた
このカテゴリの中に入ることを夢見て。ククク


さて
本日も『BANDAGE』鑑賞。
今日は、息子と娘を連れ・・・
あ、息子は、凄い回復力で復活してます(笑)
友達に偶然会うことを嫌う息子のため・・・
まぁねぇ
親と一緒ってね・・・見られたくないらしく(笑)
高速乗って、随分先の映画館まで。

で、
アタシ、映画を観る時は、好きな席がありまして・・・
ちょっとスクリーンを見下ろしたいので
一番後ろの席に座って観るんです。
昨日もそこでナツに逢って来たんですけどね~
今日は、ちょっと・・・や、かなり前に座ってみました。
ちょっと前の席を希望して選んだんです。
ったらね、
まぁ~
ナツが・・・大きい(笑)
それから
昨日のスクリーンより多分大きくて
劇場も広かったせいか・・・音響もとっても良くて。
またまた、BANDAGEの世界に引き込まれて帰って参りました。
感想は、また・・・隠しますっ
昨日同様、☆マークも着けておきますね♪ 
ネタバレしますのでお気をつけ下さい。

それから
今PC開いて、コメントを拝見して・・・
や~、ありがとうございます。
なんだか、アタシの偏った感想なんて読んで頂いて
まだ観てらっしゃらない方とかもいらして
イイのかしら?ってって・・・
恐縮しちゃいますけど
とっても嬉しいです。
で、
『今、BANDAGE観て来ました~』っていうコメントを多く頂いたりして
それも嬉しく・・・
それぞれの方の中に
それぞれのBANDAGEがあって
それぞれのナツが生きているコトがまた
嬉しかったりしました。



☆☆☆


2度目のBANDAGEは、
1度目より、落ち着いて・・・
ちょっと細かいトコまで見えて、
それから
昨日感じた、小林さんの演出の細やかさとか
大胆さとかをまた感じて来ました。

昨日は、
なんだか・・・ナツに逢えた感動と
自分では抑えられないほどの
なんだろうなぁ~
湧き上がってくる感情のまま、
それを引きずったまま帰ってきて、PCに向かって
ダーーーっと書いて。
読み返すと、
あれもこれも書いてないなぁ~ってって(苦笑)
それを
今日、もう一度観たことで、思い出しました(笑)

映画『BANDAGE』の主題歌の『BANDAGE』
ラストシーンがポン!と終わって
あの独特なイントロが流れ出すと
その主題歌の意味がまた現れてきて・・・
劇中でもそのイントロは流れますけど、
エンドロールと共に流れるBANDAGEで
『あ・・・LANDSは、まだ、動いてるのかも』って
そんな未来を想いました。

主題歌は、BANDAGEですが
劇中でキーポイントになるのは『二十歳の戦争』
この曲を聴きながら涙をを流すアサコが
ナツに出会う前から再会したときへとリンクしてて
それは、聴こえないナツの声を想像しながら
アサコが口ずさむ『二十歳の戦争』で。
この曲がアサコとナツを繋いでるような・・・
それから
LANDSというバンドの絆を感じる曲でもありました。

今日は、昨日ほど・・・号泣じゃないかな~と
思いますけど(笑)
LANDSの絆を感じるシーンや
やはり切ない『シーン66』
それから、ラストシーンからの『BANDAGE』
また目を腫らしてました。


昨夜、友達の娘ちゃんがね・・・
BANDAGEを観たけど、さっぱり意味が分からないってって
電話で喋ったりしてたんですね・・・
で、
今日、息子と娘も
『ちょっと分からないトコがある』と言いましてね・・・
この映画、
もしかしたら、ちょっと大人向けかな?って思ったんです。
ナレーションが無く、
出演者の台詞も
曖昧な表現が多く
感情を読んで行く作品。
明確な答えを押し付けないし
余韻を残してのラスト・・・
どうしても明確な答えを求めてしまう、中高生には
もしかしたら、読みきれないモノがあるのかな、と。
主人公達の年齢を知ってると
その時の自分とも照らし合わせ、
あの時特有の感情も想いよこせる。
だからこそ
それぞれの人の中に
それぞれの『BANDAGE』があって
それぞれの
ナツとLANDSとアサコの未来があって
それでイイんだと思うんです。
年代によってその『答え』は、違うかもしれないけど。
映画館を出る時、後ろの方が
『中途半端に終わったよね』ってそんな声が聴こえて来ましたけど
『その後の未来は、あなたのBANDAGEで』って
アタシには、あの白くなるスクリーンを見て
そう伝わってくるような気がしました。

アタシの『BANDAGE』は、
ガラクタを落としたナツと
オトナになったアサコの未来を
この再会で感じましたし、
ナツはきっとまだ・・・
LANDSを続けてると思いました。
そしてまた・・・
LANDSに光が当たる日が訪れるんだろうとも。

劇中、
アタシには・・・ツボがございます。
どこって?
ふふふ
ナイショです。
昨日は、その場所が分からなかったんですが
今日は、ちょっぴりカウントダウンをしながら
観てました(笑)
ククク
ナイショです・・・(爆)


あ!そだ!!
細かいコトですけど・・・
高校生のアサコがサッカーボールを蹴るシーン、
息子が『上手いっ!』って言ってました(笑)
きいちゃん、サッカーの才能がありそうです。
その時に一緒にいたミハルの制服が
ちょっと小さめなのもリアルですよね~
アサコのお母さんに挨拶するシーンも好きです。
あのナツの慌てようったら、
仁らしいコミカルな演技です。


2度目だというのに
また・・・長々と(大汗)
3度目もきっと語ります。
も、
ホント・・・スミマセン(最敬礼)


読んで下さって、ありがとうございました。
web拍手

カテゴリ: cinema

テーマ: 赤西仁

ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

Trackgack -- | Comment 0

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP