JINfizz

:::赤西仁くん溺愛BLOG:::

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

cinema☆cinema & POPEYE 


雑誌2冊。
一挙に行きま~ス♪



【Cinema☆Cinema No.22】

表紙の斗真君、素敵です♪

『BANDAGE』の公開直前COUNT DOWNとして
岩井さん、小林さんと仁との対談記事です。
3人ともブラックな感じのまとめた服で
正面、横、後姿がありまして・・・
仁の表情がとっても柔らかくて
そういうところからも
お二人と仁との関係がうかがい知れます。
3人とも髪が長めですね(笑)

仁が『ナツ』って名前を考えてきたときから
仁のセンスをセンスを信用してくれたと・・・
それから
仁は、独特の演技をすると・・・
それが『貴重』だと。
自分を貫いてるとも・・・
そんな風に岩井さんが語ってくれてることが
も、
何より嬉しくて。
仁特有の間合い、喋り方・・・
アタシにとっては、
仁の最大の魅力だと感じるトコであっても
それがプロの方の目にはどうだろう?って
思ったりもしてて。
誰にも真似出来ない仁の色が
この岩井さんと小林さんによって
また、より以上に
輝くんでしょうね。
映画見終えたら・・・きっと、
その光に涙が止まらなくなるんでしょう・・・。

仁は真っ直ぐな人だから
聞きにくいコトも納得しなければ、スパっと聞くのね。
小林さんが答えに困ることもね(笑)
ナツという役を自分のモノにするために
そこを曖昧なままにしてたんじゃ・・・
きっと演じられなかったんでしょうね。
や・・・
監督との信頼関係も感じますし・・・
ホント、素晴らしい方々に恵まれて
良かったな~って思います。


『LANDS』のナツ以外のメンバー4人の対談もあります。
この4人の写真も和気藹々な雰囲気が感じられて
皆さん、良い表情です。

そそそ!
今朝の『ズムサタ』で
『公開1週間前シネマ』ってことで『BANDAGE』紹介されてまして
メイキング映像が少し流れてました。
楽しそうに談笑する仁、
笠原さんがパフュームの振りを真似してて
それを笑顔で見てる仁、
その場の良い雰囲気が感じられました。
この記事でもそうでしたけど・・・・
その現場の雰囲気が
劇中でも良い空気を醸し出してるんでしょうね。



【POPEYE 2月号】

実は、
本屋で『これは・・・立ち読みかな?』と思ったんです。
仁は、素敵です。
アメカジを着てる仁は
やっぱり
モデルとしての表現力は素晴らしく。
ブーツを肩に掛けた横顔が好きです~♪
だけど
厳選して買ってるここ最近の雑誌達・・・
全てを買っていたら、
さすがに大変なので・・・取捨をね。
でも
どうして・・・連れて帰ってきたのか・・・というと、
記事の中の仁のコメント。
『今はKAT-TUNでずっと』というくだり・・・。
これを本屋で読んで
思わず抱きしめたままレジへ急ぎました。

今始まったわけではない・・・どこかで燻ってる不安。
アタシ自身が言葉として外に出すことも無い、
心の中の中の中にそれはあって。
そんなんを
一蹴してくれるのは、やはり仁の言葉で・・・
軽くなりました。

ん(涙)


web拍手

カテゴリ: メディア

テーマ: 赤西仁

ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

Trackgack -- | Comment 0

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP