JINfizz

:::赤西仁くん溺愛BLOG:::

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

an.an 1677号 

『愛しい男の愛し方』




アタシが、画像を見せて頂いた時に
一番衝撃的だったのは・・・
『表紙』でした。
これが・・・全国津々浦々の色んなお店に並ぶんでしょ?
書店だけじゃなく、コンビニにも。
そっちが・・・・も、照れるじゃん!って(笑)
電車の中吊りとかも?って思ってたんですけど
ど~も・・・そっちは、仁一人のショットみたいですね(笑)




え・・・では、

語りたい事を好き勝手に語ります。
感想じゃないな・・・多分(笑)
また、無駄に長いです(汗)





”実物の方が良い!”
や・・・
実物たって・・・『実物』じゃないでしょうよ・・・ねぇ~(笑)
だけど
おかげ様で・・・発売前に
この画像を見せて頂いておりましたので、
まずは、そう思ったんです。

暖かな空気を感じるし、優しくなれる。



もう一つ思ったこと・・・
色んな報道、記事、ananHPのCOVER STORYなどで
仁がどれだけ『本気』だったかを知るんですが・・・
その前に、
ホント・・・おかげ様で・・・画像を見せて頂けてて良かった、と。
何の予備知識もなく、予告も何もなく見た
First impressionは、その時だけの気持ちなんで。
『綺麗だ~』って、思った事に、決して嘘は無く。
その『綺麗』に到達するまで
仁が重ねてきた沢山の事を知って・・・
今日、手に取って見た『実物』は、
本当に綺麗で、感動しました。


今回のanan、
その一枚一枚のショットの感想は・・・
書けないな~。
これ、
ストーリー仕立てだと思うんで・・・。
全体を見て、
『愛』を感じます。
短い時間でも仁がモデルさんとコミュニケーションを取って
プロデュースをして創り上げた世界です。
その笑顔もとっても自然ですし、
その手が優しいですね。
そして、何より
モデルさんも素敵です。
仁の表情だけじゃなく、
モデルさんの表情もやわらかいのは、
その二人の空気感を表してるんじゃないでしょうか。




仁の周りには、
色んな壁があるんでしょう。
想像でしかありませんけど。
仁が築き上げたモノもあるでしょうけど
前に立ちはだかる壁も
無意識に出来てしまってた壁も・・・
仁は、それを
とっても自由に超えてしまってく気がします。
皆が、ハラハラしそうな・・・
そんな行動も、何食わぬ顔で。
自由って、ただの我儘じゃ・・・
誰も受け入れません。
自由に生きるには、
それだけの責任を持たないと。
代償は、全て自分に向けられるんですもん。
怖がってちゃ~出来ない事ですよ。
仁には・・・
そんな男気と、
とっさの行動力を司る感性と才能を
今回のananで、また・・・痛感しています。
だけどね、
危なっかしくは感じなくなりました。
仁は、自分自身の事を
誰よりも解ってて、信じてる。
広い視野を持って、見るべき所は、見てると思うんです。
日々感じてるのは、
凄い人だな~って事。
色んな意味で、アタシにとって
尊敬に値する人です・・・赤西仁という人は。


そそ!

アタシ・・・・発売までちょっと時間があったんで
ふと・・・こんな思いも浮かんだんですよ。
それは、仁から・・・じゃなく
様々な『大人』の方からね・・・
仁が、ちょっと胸を肌蹴ただけで・・・
ギャランが見えただけで・・・
アタシ達ファンは、歓喜に沸くでしょ?
今回は、そこに対する挑戦状?ってね。
もの凄く、斜めなモノの見方ですけどね(笑)
『ここまでだったら、どうよ?』みたいな??
ま、
この雑誌にそんな意図は、全く無いにしても
きっと、ファンを公言してると
今回の事で・・・
『anan見てどうよ?』なんて
興味津々な顔して聞いてくる方もいるでしょう?
それとね、ある意味『闘う』わけですよ。ファンとしては。
仁がどれだけ綺麗かを
そんな方々に語り尽くすってのもイイですけど
仁を真似て・・・含み笑いってのもイイかしら?と。
全てを語ってるようで・・・意味深い、あの笑み。
真似は、難しいかな?(笑)
ククク
そんな事言ってますがね、
もう、賛否は、どうでも良くなってて。
何を言われても・・・アタシなりの含み笑いで返せます(爆)




いつも言うようですが、
アタシ達がこうして見せて頂いてるのは・・・
完成したモノで。
ここに来るまでの努力は、
後で少し語られるにしても・・・
知る由も無くて。
『今までの全てを超えたい』と、
2ヶ月も前から準備をして
自分の頭の中にあるイメージを
現実のものにするって・・・並大抵な事ではないと思うんです。
仕事だけど、
生活も変えなくっちゃいけないわけでしょう。
ツアー中でしたし、
他の仕事もこなしながらですから。
そんな大変だった事なんて
仁は、語らないとは思いますが・・・。
やはり、今回も
『ありがとう』って感謝しながら
仁が発信してくれるものを、有難く受け取って・・・
それって、幸せですよね。


25歳、今が一番綺麗だから・・・
そんな意見もあるかもしれません。
ですけどね・・・
そこは、アタシ、否定的で。
一番綺麗なんて、分かりません。
これから・・・30代も40代だって
その時の美しさがあると思っていますしね。
ただ、
25歳の仁が
これほど素敵で、優しい男になったんだと
それを残してくれたんですよね。
確かに、端正な顔立ちです。
でも、美少年と言われる時期を過ぎて
これからは、自分の生き様で
顔も容姿も変わってく年齢になりました。
素敵に年齢を重ねて
この写真を振り返ったとき、
仁は、何と言うんでしょう。
アタシは・・・何と言うんでしょう。
それも楽しみだったりします。

この先も
仁が居てくれる幸せ・・・噛み締めていたいんで。



:::::


後で読めなくなると思うんで、
ananHPのCOVER STORYをここに残しておきます。


今回のカバーは衝撃、のひとことでしょう。あの赤西仁さんが外国人モデルとベッドで抱き合う一枚。嫉妬してしまった全国の読者のみなさん、ごめんなさい。でも、今回の撮影に臨む赤西さんの決意は、並々ならぬものでした。手前味噌ですが、弊誌アンアンはこれまで数々の男性有名人ヌードで話題をさらってきました。それらのバックナンバーに目をとおしたご本人がひとこと。「今までのすべてを超えたい――」。それが撮影2か月前のこと。ここから、極秘プロジェクトがスタートしました。撮影スタッフから、モデル選び、撮影小道具まで…ご本人と事前に数回の打ち合わせを重ね、同時に、パーソナルトレーナーについて肉体のブラッシュアップ。お会いするたび、逞しさとセクシーさが増していると感じたのは私だけではないでしょう。迎えた撮影当日。いつもより多いスタッフ数に、何ともいえない緊張感が現場を支配します。マイルドなカットから、徐々にハードなシーンへと撮影は進み、ついにベッドルームへ。入れるのは最小限のスタッフ。カメラマンとも相談のうえ、最後のカットはフリーで動いてもらうことに。流ちょうな英語を駆使し赤西さんがリード、まるで本当の恋人のように絡み合う二人。そのうちの一枚が、このカバーカットです。中ページには、さらに見たことのない赤西さんが満載。見逃せませんよ!
web拍手

カテゴリ: メディア

[edit]

Trackgack -- | Comment 2

PAGE TOP

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2009/09/26 19:07 | 編集

Re: 『n』さんへ

はじめまして!

鍵コメありがとうございます。

や~
そう言って頂けると・・・とっても嬉しいです。
こちらこそ・・・ありがとうございます。
日々、好き勝手に語ってるだけのBLOGですが
これからも宜しくお願いします。


そうですね・・・アタシも仁と一緒に歩みたいです♪

riel #- | URL
2009/09/26 22:56 | 編集

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP