JINfizz

:::赤西仁くん溺愛BLOG:::

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

Eye-Ai 8月号 

え?今頃??
と、
お思いでしょ?
そうなんです~
今頃なんです~(苦笑)

えと、
速報メールで英文の雑誌に載ると教えて頂いたのが・・・
多分、先月末じゃなかったっけ?
(その節は・・・アリガトウゴザイマシタ>>私信)
で、
それが、ちょうど本屋にいた時だったもんで
ダメ元で取り寄せを聞いてみましたら・・・
色々調べて頂いて・・・
『NETか電話で自分で注文した方が早い』という・・・
そんな結論を頂きまして・・・ええ(汗)
帰宅して速攻注文したわけですけど
・・・・・
それから
紆余曲折・・・
ん、ちょっと大袈裟ですけど(笑)
ま、エラーやらナンやらとございまして
ちょっと諦めかけてた本日・・・
ポストに『ぽん!』と入っておりました。

懐かしい手触りで・・・(笑)

ハリウッド情報が欲しくて
以前は・・・頻繁に
取り寄せてたUS版の雑誌が
ホント・・・こんな感じでねぇ~
フニャフニャの表紙で(笑)
日本でいうところの・・・フリーペーパー?
みたいなね・・・そう・・・そんな感じなんです。
日本の雑誌の紙質が
良過ぎるのかもしれませんけどね。

もう、ご存知の方も多いかと・・・
出遅れです~なんて
そんな次元ではないくらいに
出遅れてますけど・・・
ま、
折角なんで・・・書き残します。
それから
訳は、全くもって・・・テキトーです。
自信なんて、
無い・・・というレベルでもありません。
全ては、ニュアンス。
ええ
心で読んでますから(爆)
辞書片手に・・・と、言いたいですけど
先に先にと・・・気が急いて、
辞書も引かずに・・・想像だけで(汗)
ハハハ

(大汗)


P10~12に
モノクロで載ってます。
写真は、カツカツのもの・・・
空中ブランコのとか・・・
サバイバルのとか・・・
それから6人でスタジオでの・・・とか。


『CARTOON KAT-TUN Akanishi's Notes』
というタイトルで・・・
その表紙のページの仁は・・・
えと
何処かで見たような・・・
何処で見たでしょう?
とっても・・・すってきな・・・SEXYな仁です。

要は、
カツカツを紹介しちゃってるわけですけど・・・
番組が始まったのは、2007年4月で
自分は、遅れて参加したこと・・・とか
シーズンごとにテーマがあって
前のシーズンのテーマが『愛』だったこと。
今は、新しいシーズンとして『掟』がテーマで
今までのミッションの事を少し・・・語ってます(と、思います・笑)

そそそ!

初めの・・・レポーターさんの紹介文で
『彼自身の英語』で答えてくれたとあります。

そう。
そこ重要っっ
ククク

仁は、緊張してて・・・
自分の英語は、良い英語ではなくて
slang(仲間言葉って感じかな?)が多くて・・・
でも、やってみます・・・と。

仁らしい・・・言葉だな~って思いました。
仁の英語
や・・・
アタシなんかじゃわかんないけど
かなりのレベルだと思うのですが
それでも
仁の中では、まだまだなんでしょうね。
赤西仁という人って
ホントに・・・こんな人ですよね。
英語の勉強もきっと
頑張ってるんでしょう。

ハリウッドスターとの共演の事もあります。
ジョディ・フォスターとウィル・スミスね。
ここでも
自分の英語の事を
『とてもカジュアルだから』と。
英語でも・・・日本語で言う敬語・丁寧語みたいなものが
ちゃんとあるばずだと、仁は言ってます。
そこが、自分には、分からないので・・・難しかった、と。
ジョディとは、10~15分の時間で撮影のみだったけど
ウィルとは、プライベートな話もしたそうです。
腕相撲をしたけど、とっても強かった、とも。
『ハンコック』面白かったそうですよ。

ファンに感謝してる・・・評価してる、とも。
それから
中国とスペインの人からファンレターを貰ったことがあると
語ってます。

仁もファンレターとか読んでるんだ~って
ふふふ
ちょっと嬉しくなったり・・・

アタシは、書いたことないけど(笑)
だって
書けないんですもん。
書こうとしても手が震えて・・・絶対無理ですっ




来月は、KAT-TUNとして載るんですよね~
もちょっと『英語脳』にして挑まないと・・・
全然、使えません・・・アタシったば(大汗)
でも
なんだか・・・とっても嬉しかったりしています



web拍手

カテゴリ: メディア

テーマ: 赤西仁

ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

Trackgack -- | Comment 0

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP