JINfizz

:::赤西仁くん溺愛BLOG:::

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

with 4月号 

ナチュラルな仁がいっぱいです。
ガーゼかな?
柔らかそうな・・・ストライプのパッチワークのような綿シャツに
麻かな?と思うような・・・
これまたナチュラルベージュなパンツ姿。
もう一枚は、
シンプルな白Tの上に黒い綿シャツを重ねて・・・
黒いパンツに白黒コンビの靴。

どの写真も素敵ですが、
後ろに手を組んで
伸びをしてる写真が・・・
胸を肌蹴てて・・・(照)
だけど、とっても仁らしい姿。
こんな風に伸びてるトコ見たことありますしね。
うつむき加減だとか横顔が好きですね・・・
や、
目が合うと、照れるんで(って・・・合ってないし・苦笑)

記事を読んで・・・
や、
サブタイトルを読んだだけで
ちょっと泣けてしまいました。

本当に、穏やかに生きてるのね。
『変わらずにいたい』って
いつもそう言うけど・・・
変わってるよ・・・仁。
成長してるって言った方が良いかな。
その成長が、この上なく嬉しくて眩しい。

仁がね・・幸せだと
確かに、仁の大切な人達も幸せに思えると思うし
ファンも・・・
仁の幸せが何よりの望みですから・・・
楽しそうに笑う顔や
穏やかに佇んでる姿を見ると
それだけで、最高のサプリになります。


ファッション誌の記事・・・やっぱし・・・イイね♪


と、

それから・・・

書き忘れてた・・・・
月刊TV誌。
も、書いちゃってイイかしら?


仁が『テキーラ』好きだって知ってたけど・・・
あの・・・
どうやって飲んでるんでしょう?
やっぱし、ストレートかなぁ?
そだ!ライブの時、レモンね・・・そだそだ
レモンと一緒に?
塩って人もいますよね~
テキーラにも色々ありますが
だいたい・・・度数も強いし・・・
だから、レモンや塩と一緒に飲むんだと
聞いた事がございます。
アタシの友達にも昔、
テキーラをこよなく愛してるヤツがいましたが、
いきなり・・・ストンと堕ちる(酔う)感覚が
この上なく快感だと言っておりました。
仁もそうなのかなぁ?
アタシは・・・
同じ蒸留酒でもラムが好きで・・・
ラムもストンと堕ちます(苦笑)
最近は、
本当に少量を寝る前に・・・とか・・・
そんなんじゃないと、飲めませんね~

若いってコトかなぁ~ 仁も聖も。

ライブは・・・『海賊』が印象に残ってるのね~仁。
今でも時折、DVD見ますが
とびきりの笑顔で歌う『messenger』が好きです。




カツカツ感想も書きたいんでした・・・。
また、のちほど~♪


そういえば・・・・と、気になって
ファイリングを漁り・・・
見てみました。
鮮烈に記憶に残ってる・・・あの・・・
苛立ってる仁は、withじゃなかったかと・・・。
いえ(汗)
違いました。
non noでした・・・。
留学前の仁ね・・・
あの頃の雑誌の記事を読んで、
『仁は、攻撃的に守りに入ってる』と、
アタシ、BLOGにそう書いたことを覚えてます。
淡々と答えてるようでしたが、
誰にも触れられたくない部分を持っているような・・・
そんな印象を受けてました。

仁・・・

今の仁は、
危なっかしくは決してないですね。

最初に好きになった時、
と~っても面倒な人を好きになったのかもしれない・・と
正直、そう思ったんです。
ガラスのように透明だけど壊れやすくて
尖がってるのに折れそうで・・・
色んなモノに潰されやしないかって・・・
なんかね・・・
お節介なおばちゃんみたく、
心配だった事を覚えてます。

成長した仁を
こうやって・・・日々、感じる事が出来て
とっても嬉しいです。
泣けてきます・・・・ククク

日々、穏やかに
幸せに暮らしてくれてると思うだけで
遠い福岡の空の下、
笑顔になれる自分がいます。


それにしても・・・・赤西さん、
スピリチュアルカウンセラーになれそうですね~
少なくともファンには、
どんな著名な方の言葉より
心に深く沁みこんでくメッセージを頂けそうです。
どんな時にも
同じスタンスの仁の言葉、
いつも心の中に置いて・・・
小さな幸せに感謝して暮らして行きたいと思います。


web拍手

カテゴリ: メディア

テーマ: 赤西仁

ジャンル: アイドル・芸能

[edit]

Trackgack -- | Comment 2

PAGE TOP

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2009/02/27 20:08 | 編集

Re: 管理人のみ閲覧でコメント下さった『m』さんへ


えっとですね・・・
2006年の11月号かと思います。
もしかしたら・・・10月号かも?(ゴメンナサイ)
9月末に発売されたものです。
雑誌は、全てファイリングするのですが
雑誌名しか残してないので・・・その辺が曖昧でごめんなさい。

ただ・・・この雑誌だけではなく
この辺りの雑誌を読んでると
伝わってくるものがあったのです。

今の仁は、
穏やかで素敵です。

riel #- | URL
2009/02/27 22:50 | 編集

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP